メールマガジン

パズル・ワンダーランド
時事覆面算
箱詰めパズル天国
フラッシュパズルで遊ぼう
パズル遊びへの招待

パズラボ帖

★最新刊No.5
2011年7月31日発行

EX03105 308円(本体286円)
数量
  • 発行:パズラボ
  • A5判
  • オールカラー24ページ(最新号)

 えぢ永タさんが開いた“世界のパズルで遊べるカフェ『パズラボ』”から発信される情報誌。

No.5 300円
 特集は「不思議モノを見せる」。解いて楽しむパズルではないけれど、パズル好きな人の目を引く不思議グッズの紹介です。錯覚の応用、ちょっとしたトリック、ジョークグッズなど“なにコレ?”なものがたくさん登場します。

『パズラボ』のサイト

パズラボ帖の紹介ページ

●バックナンバー一覧

※表にない商品は品切れです。

EX03104
パズラボ帖 No.4
308円(本体286円) 数量

 特集は『コレクターの秘密』。パズルに魅了された人が進む道の一つである「収集」。数千点をこえるパズルを所有する国内外のコレクターにインタビューし、その素顔と収集の魅力に迫ります。

EX03103
パズラボ帖 No.3
308円(本体286円) 数量

 特集は『ペンシルとメカニカル』。紙と鉛筆で遊ぶペンシルパズルと、物を動かして遊ぶメカニカルパズル。それぞれの作り手・遊び手へのインタビューを通して両者の関係性を探ります。

EX03102
パズラボ帖 No.2
308円(本体286円) 数量

 特集は『山中組木を眺める』。小田原で開業以来100年以上、組木を作り続けている山中組木工房の作品の数々を、4代目山中成夫氏のインタビューと共に紹介しています。販売の立場からの平野良明さんの談話のほか、連載等の記事も組木関連に絞られています。

EX03101
パズラボ帖 No.1(創刊号)
308円(本体286円) 品切れ

 特集は『ロシアのパズル』。内容は現在活躍中のロシアのパズル家の作品紹介とインタビュー、マトリョーシカ人形のルーツ、“ロシアのガラガラ”の構造など。
 当ショップ、パズルショップ・トリトも協力しています。

EX03100
パズラボ帖 No.0(創刊準備号)
308円(本体286円) 取り扱い終了

 『パズラボ』紹介号。
店内の様子や開店までのエピソードなどがわかります。