toritoトップページ
ワンダーランド
ジャグラー小田原の箱詰めパズル天国

第19回 ユニークレクタンギュラー

2003.3.1

 ユニークレクタンギュラーとはレクタンギュラー(直方体)をつくる方法がユニーク(1通り)のパズルのことをいい、今回は2種類、紹介します。


「ヘキサ・ペンタ」作:小田原充宏 1989年
ヘキサ・ペンタ ピース構成

 6単位×3+5単位×6=48単位です。3×16、4×12、6×8、2×3×8、2×4×6、3×4×4という6種類の直方体が考えられますが、組めるのは1種類でしかも1通りです。ちなみに7×7(すき間1)には解がありません。

セレクション:
それを囲む(内接する)長方形が3×3である6,5単位のうち、2×2(oテトロミノ)を含まないものすべて

「ミラーヘキサ」作:小田原充宏 2002年
ミラーヘキサ ピース構成

 6単位×10=60単位です。3×20、4×15、5×12、6×10、2×3×10、2×5×6という6種類の直方体が考えられますが、組めるのは1種類でしかも1通りです。

セレクション:
ネーミングからわかると思うのですが、これは線対称形のプレイナーヘキサキューブ全10種です。

 どちらも難しいのですがどちらも1問しかないので、とりあえず販売の予定はありません。

「ジャグラー小田原の箱詰めパズル天国」のご意見・ご感想を小田原充宏までお寄せください。

●販売商品
プレイナーペンタキューブ
2376円(税込)
プレイナーヘキサキューブ
品切れ

[↑toritoトップページ][パズル・ワンダーランド]